夏休みのレシピ-極力火を使わない料理は?

在宅ワーカーにとって、子どもたちが長い休み期間に入るのは、とても大変なことです。

反面、「子供のことを心配しながら家を空ける」心配が無いので、その点は感謝ですね。

朝、子どもたちを学校に送り出す時の慌ただしさも無いので、その点はのんびりと。

なのですが・・・

とにかく、夏休みは自分の時間が取れません。

夏休みと在宅ワーク

夏休みと言えども、朝は部活やらなんやらで、子どもたちを起こさなくてはならないし、試合のある時にはお弁当持参だし。

宿題はさせなきゃいけないは、どこかに遊びに行ったら行ったで、このご時世「悪い人に連れて行かれるのではないか?」と心配だったり。

家に友達を連れてくれば、おやつのひとつでも出してあげようと作ることもあるし、ゲームばっかりしていたら外に追い出すことも。

だけど、外はとっても暑いですからね。

出ていってもすぐに、呼び戻すことになってしまうし。

と、子どもたちのことで、一日振り回されっぱなし。

「どうせ仕事ができないのなら」と情報収集を兼ねた読書のために、子どもと一緒に図書館に行くことが多かったです。

中は冷房が効いてて涼しいし、なにしろ本が選び放題なので、本好きにするには一番の場所です。

今は、DVDなども観られるので、子どもも退屈しないですしね。

 

スポンサードリンク

 

困るのは、ご飯の支度です。

お昼は、きのうの夕飯の残りとかでもなんとかなるものの、夕飯はそういうわけにはいきません。

暑くて食欲が落ちているけど、今年も酷暑で、暑さに耐えるだけでもエネルギーの消耗は激しいでしょうから、いつも以上に栄養のバランスを考えないといけない。

だけど、長く火の側に居るのは耐えられないので、ちゃちゃっとできる栄養バランスの豊富なレシピは?なんて虫の良いことを考えて検索すると・・・

結構あるもんですね。

うちは、圧力鍋をよく使うのですが、煮込み料理のイメージが強くて夏向きではないかな?と思っていたら。

「鶏肉や豚肉の蒸し料理」というのがあって、なるほどな、と。

圧力鍋は、材料を鍋に入れたら、数分で火を消してそのまま放置できるので、ガス代も節約になるし、何しろ火の前に立つ時間が少なくて嬉しいんですよ。

これって、電子レンジでも応用がききますね。

「レンジで蒸し料理が簡単にできる」というお皿を使えば、チンだけで一品できるから、本当に便利です。

あとは、最近買ったんですが、ガスコンロの魚焼きグリルを使って、お肉や野菜を焼いたりすると、とても美味しいし、短時間でオーブン料理のような手の込んだ味わいになるので、おすすめです。

こちらも、火は付いていてもほぼ熱く無いですし、なにより手軽で後片付けも楽ちんなんですよ。

魚焼きグリル用のプレートがあれば、ハンバーグとかもできますし。

味付けは、おろしポン酢とか梅風味のたれとかかな?

こんな感じで、なんとかこの猛暑を乗り切りたいですね。


PAGE TOP