ネットで在宅仕事をするために必要な能力は?

在宅で仕事をすると言ってもいろいろな種類がありますが、私が主にご紹介しているのは、ネットを使った「家でできる仕事」なんです。

だけど、手仕事の内職と違って、パソコンを使った仕事となると、どうしても気後れしてしまいがち。

あるいは、こんな風に思っている方も多いでしょう。↓

A子
結局はネット内職でしょ。大した収入にはならないのでは?
B子
確かに。最初はそうでしょうね。すずめの涙って言うところじゃないかな?

というのは、在宅ライターの仕事にしても、「初心者OK」というような仕事では、最初は単価が100円がもっと安いくらいですから、内職仕事とそう変わりませんね。

それでもお勧めしているのは、「発展性があるから」なんです。

確かに、ずっと単価100円の記事書き仕事や、1入力数円のデータ入力の仕事だけでは、なかなかまとまった収入にはならないでしょう。

しかも、単調な仕事になりますから、「やりがい」も見つけにくいですよね。

あまり好きな言葉ではないのですが、今の言葉で言えば「モチベーションが上がらない」という状態になってしまいます。

それでも「仕事があるだけマシ」と考えて、楽しくそういった仕事をこなせればまだ良いのでしょうが・・・

私は、やはり収入の面だけでなく、できれば「やりがいのある一生続けられる仕事」に就きたかったので、在宅ライターの他にもさまざまな仕事にトライしてみました。

今のところは、アフィリエイトが少し順調に動いてきているということで、やっと収入がパートの時以上になってきましたが、自分自身ではまだまだだと思っています。

スポンサードリンク

そこで、もう一度今までしてきたことを振り返って、「ネットで収入を得るために何が一番必要か?」ということを考えてみたんですね。

そして出た答えが、やはり「ライティング能力」ということです。

今、ネットでは画像や動画も氾濫していますが、やはり元になるのは「言葉の力」なんじゃないかと。

それには、インプットとアウトプットを繰り返す訓練が必要なんですよ。

ということで、インプットの部分では、最近読書を怠っているので、まずはそこから強化したいと思っています。

本を読む習慣が無い方は、スマホで読める記事でも良いんです。

できるだけ読みやすく、「この人の文章を真似したいな」と思えるようなブログなり記事を見つけるのが一番です。

あっ、真似と言っても、そのままコピペなんてしちゃ駄目ですよ。

そんなことはする人は、このブログを読みに来てくださっている中には居ないと思いますが。

著作権法違反になる以前に、モラル的にもNGな行為です。

そうではなく、真似したくなるくらい好きな文章を見つけて、日々読んでいると、自分の文章のどこが悪いのか?何を改善したら良いのか?が見えてくる、ということ。

そう。

そのまま真似するのではなく、良いところを取り入れるということです。

アウトプット=ライティングについては、また書いていきますね。


PAGE TOP