在宅ワークで失敗しないために必要なこととは?

在宅ワークで失敗しないために必要なこととは?

在宅ライターとして仕事を受けていますが、時々私から外注さんに仕事を依頼することもあります。

主にアフィリエイトサイトを作る時にお願いするのですが、中にはすぐに辞めてしまう方もいらっしゃいます。

結構きちんとした文章を書いていたのにも関わらずに辞めてしまうと、「もったいないな」と思うんですよ。

だけど、私もライターとして仕事をしていると、「辞めたいな」と思うこともしばしばあるのです。

そのくらい、ライターの仕事というのは、地味で根気がいるんですよね。

子供が居てもできる在宅ワーク

あとは、「記事を納品したのに支払いが無かった」とかのトラブルも考えられます。

在宅ワークでそういった失敗を防ぐためには、どのようにすればよいのでしょうか?

在宅ワークで失敗しないポイントで、もっとも大切なのは時間の使い方です。

家で仕事をすると、仕事とプライベートの境が無くなるため、どうしてもダラダラ仕事をしてしまうがちなんです。

まずは、時間配分をきちんと行うこと、計画を立てることが大切になってくるのです。

例えば、「1週間後に納品」と言われたら、「まだ時間があるからゆっくり仕事ができる」と考えますが、実際に仕事をしてみたら、下調べに思った以上に時間がかかることも。

ギリギリのスケジュールで仕事をしていたら、発注されて引き受けた仕事が納期に間に合わなくなったら大変です。

信用問題になりますし、次回から仕事を回してもらえなくなります。

依頼された仕事が納期に間に合うようにするためにも、やはり時間配分と、「子供が急病になった時」など不意の出来事があることも計算しておく方が良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

具体的にはどうすれば良いの?ということですが、

●クライアントから仕事の発注が来たら、1日にその仕事をどれくらいの量で行わなくては納期に間に合わないのか、カレンダーや手帳を見ながら計算すること。

●1日の仕事の量がわかれば、一日あたりの仕事量をざっと見積もります。

例えばデータ入力を5日で、2500件という仕事が入った場合には、1日当たり500件入力しなければいけないことになります。

その上で、自分は500件入力するのにどれくらいの時間がかかるのか計算するのです。

2時間半で500件入力できるという場合には、納期までの5日間は、毎日2時間半は作業をしなければ間に合わないという計算になりますね。

プラス、不遜の事態を想定して、1日多めに時間を取っておけば、余計安心です。

私も、計画して実行するということが苦手だったのですが、簡単な時間割を作ることで、仕事がはかどるようになりましたから。

在宅ワークもひとつの起業と考えれば、まず計画ありきということも理解できます。

この時間の配分や計画を立てるということはとても大切なことになりますから、覚えておくようにしましょう。

在宅でずっと収入を得るためにも、定期的に仕事をもらって軌道に乗せるためにも、重要なポイントということがわかりますね。

自分のことは自分で管理するというのは、一見当たり前で簡単なようですが、意外と疎かになりがちなんです。

ある程度自己流で進めてしまうと、どうしても抜け出せなくなるので、最初からきちんと計画を立てる方が良いでしょう。(なかなか時間通りには行かないんですけどね)