育児中の主婦ならではの在宅ライター仕事

ライターになるには

主婦ならではの在宅ライターの案件があります。

主婦と言うか、「赤ちゃんや小さなお子様をお持ちのお母様」にぴったりのライターの仕事です。

お子さんが小さいと、悩みは尽きませんよね。

成長の悩みやお子さんの病気、また精神面での悩み。

小さいお子様が居ると、どうしてもお母さん自体が、社会から隔離されたようになってしまうので、お母様の心の悩みというのもありますよね。

「ママ友達との付き合い」も結構悩みます。

そんな 「子育ての体験談を記事にしてください」というお仕事です。

akachan

ライティングは自信がなくて・・・と言う方でも、今まさに悩んでいることや、少し前まで悩んでいた、というようなことなら書けると思いませんか?

特に「赤ちゃんの夜泣きや、小さいお子さんのぐずりなどで悩んだ体験のある方を募集します」ということなので、「子どもが毎晩寝てくれなくて困っている」なんていう方は、悩みを共有するだけでも気持が楽になるかもしれません。

また、「子どもが寝なくて困っていたけど、こんな方法を試してみたら、ぐっすり寝てくれるようになった」なんていう体験談だと、読んでいる方も参考になりますよね。

「まずは、自分が書けるテーマから」というのも、在宅ライターを始めるにあたっては、大事なことだと思います。

調べることで、検索力もつきますから。

Webライティングに限らず、ネットで仕事をするには、「検索力」というのは必要になります。

スポンサーリンク




「ググる」という言葉も古くなってしまったけど、GoogleやYahooで検索するのは誰にでもできますよね。

今は、Twitterやインスタグラムで検索する人も多いとか。

ただ、自分の欲しい情報を少しでも早く、的確なコンテンツを探し当てるには、やはり技術が居ると思います。

この技術を身につけるには、「検索することに慣れる」ということに尽きるのです。

例えば、「子育てで、みんな何に悩んでいるのだろう?」と思ったら、ヤフー知恵袋などのQ&Aサイトを参考にしてみたり。

AMEBAブログで育児日記を書いている方もたくさんいらっしゃるので、日々の苦労がわかりますよね。

一番良いのは、「自分が体験したこと」なんです。

「夜中になると、目がぱっちりになっていた子供に、この絵本を読んであげたら、すぐに寝るようになった」とか。

「うちの子、結構換気扇とか、洗濯機の回る音を聞くと安心するみたいで、ぐずり出すと、この音を聞かせて、しばらく抱っこしてあげています」とかね。

その時、取ってつけたように、「この商品を使っています。」なんて書くと、「ははー。これを売るための記事だったのね。」と思われるので、本当に使ってみて良かったもの以外は紹介しないほうが良いでしょう。