データ入力の他に写真を販売する在宅ワークも

在宅ワークと一口で言いますが、要するに、「家で仕事をする」いうことなので、種類はたくさんあるわけです。

機材や接客業などはできないですが、基本的に一人でできる仕事なら、在宅で稼ぐことは可能です。

では、どのような仕事があり、またどのように探せばよいのでしょうか?

●自分の得意なことを活かして稼ぐ

在宅ワーク-得意なことでお金を稼ぐ

クラウドサービス「ココナラ」を例に挙げると、さまざまな方たちが「自分の得意なこと」を代行することで稼いでいます。

専業主婦の方の登録者も多く、手作り作品やちょっとしたサービスなどを出品されています。

どんな小さなことであっても、そこに需要があれば商品として成り立つわけですから、何か特殊な技術が無くても「話し相手になります」とかでも良いのです。

もし何かスキルがあればなおさら、出品してみることをおすすめします。

一般的には、占いや似顔絵、ロゴ作成などの分野が人気のようです。

商品の金額は、500円から自分の好きな金額を提示することができますが、最初は「お試し500円」などで出品すると、目に止まりやすいでしょう。

取引は終始オンライン上で行われますので、人付き合いが苦手な方でもOKです。

やり取りはすべてメールで行いますので、安心ですね。

 

スポンサードリンク

 

●データ入力で稼ぐ

データ入力は、パソコンでの在宅ワークの代名詞とも言われるくらいですが、実際に仕事はあるのでしょうか?

クラウドワークスという国内最大級のクラウドソーシングサイトがあるのですが、ここでもデータ入力などの仕事をオンラインで紹介してくれます。

専業主婦にも人気が高く、多くの人が登録しているので、「素人だから」という方でも安心です。


PAGE TOP