在宅ワークのトラブルを対処する方法

在宅ワークは始めたいけれど、「騙されたらどうしよう?」という不安が頭をよぎってしまう、というのもよくわかります。

ひところは「在宅ワーク」と聞いただけで、反射的に「悪徳商法」が浮かんでくるくらいでしたから。

悪徳商法-在宅ライターの日常

そんな時には、在宅ワークのトラブル対処法と言うall aboutの記事が役に立つと思います。

これって悪徳!? 在宅ワークトラブル対処法

確かに「調べればわかる」とは言え、今は手を変え品を変え、というところもありますからね。

本当に、騙されないように充分に気をつけるべきだと思います。

特に「先にお金を請求された場合」ですね。

ただ「私は絶対に騙されたくない」と思って、最初から疑ってかかるのもどうかと思うんですよ。

そもそも、在宅ワークするに当たって、「自分になにができるのか?」「得意なこととは?」「どれだけの時間を在宅ワークに使えるのか?」と言ったことを最初に考えるべきですよね。

それから、「途中で辞めずに続けられるのか?」ということ。 実際にお仕事をいただくと、「こんなはずじゃなかった」というケースが多々あるんですよ。

例えばライターのお仕事をいただいて、「1週間以内に30記事書いてください」と言われた場合。

普段ブログを書いたりしている方でも、ある程度まとまった文章を書くというのは、結構時間のかかるものです。

特に、最初のうちは慣れないですから、テーマについて調べるだけでも時間がかかってしまいます。

書き始めても、「なんだか、ちっとも文章がまとまらない」なんていうことになって、なかなか仕上がらなかったり・・・

やっとのことで仕上がっても、クライアントさんによっては、書いた原稿をエクセルにまとめてから提出したり、ZIP形式に圧縮してから提出と言われることも。

そういったことも大して難しくは無いのですが、一度もしたことがなければ、大変な作業のように思えてしまいますよね。