ライティング記事にキーワードはどれくらい入れれば良いのか?

資格を生かした在宅の仕事をする アフィリエイト

ライティングの仕事を受ける時に、文章中にどの程度キーワードをちりばめるのか、と言うのが問題になります。

データ入力の在宅ワークをする

私の場合は、事細かに指定されるよりも、ある程度「おまかせ」ということで、キーワードよりも記事の内容の質にこだわってください、なんて言われる方が良いのですが、責任は感じますよね。

それと、自分でアフィリエイト記事を書く場合は、アドセンスに使うのか、物販に使うのかで、書き方は当然変えるのですが、そこまで具体的な指示はありませんから。

ただ漠然と「なるべくたくさんキーワードをちりばめてください」なんて言われると、一番困るのですが・・・

通常、アドセンス記事を書く場合、キーワードとサブキーワードを常に意識して書くのですが、やはりあまり多くなっても困ります。

このサイトで、チェックできますよ。

キーワード出現頻度解析ツール

無料SEOツールの公開停止、および代替ツールのご案内
このサイトで提供していたツール類は、2018年8月をもって公開を終了しました。この記事では、提供していた各ツールについて、より優れた代替ツールをご紹介します。今後は、この記事で紹介する優れたツールをお使いください。長らくご利用いただきありがとうございました。

※上記のツールは、提供が終了しています。

でも、代替ツールの情報が詳しく書いてあるので、参考になりますね。

だけど、どうなんだろう?

少し前までは、出現率5%くらいにとどめておきましょう、という「都市伝説」のようなものがありましたが、結局はっきりしたことはわからないんですよね。

しかも、最近は、GoogleやYahooでも、機械的に何パーセントとかという数字ではなく、コンテンツの質にこだわってきているみたいです。

これはまあ、当たり前と言えば当たり前のことですが・・・

私もツール好きなので、偉そうなことは言えませんが、やはりツールで作っただけの文章や、購入した記事を少しリライトしただけの文章では、ダメということでしょうね。

検索すると、同じような文章ばかりが現れる、というようなことは、よくありますから。

これは来訪者にとっては、有益なことではありませんよね。

ツールを使ったり購入した記事を使っても、どこかに「自分らしさ」というかオリジナルの部分を加え、訪問者に役に立つ情報を与える、という意識がないといけないと思います。

ただまあ、私なんかも結構サイトやブログを運営していますから、なかなか難しいのですが・・・

でも、ライティングの仕事をこなしているおかげで、日に数十個の記事を書くのは苦ではなくなっていますから、やっぱり「慣れ」なのかな、と思いますね。

文章はあまりうまくなっていないけど・・・