在宅ライターの仕事にタイピングの速さは必要?

在宅ライターをするにあたって、文字を打つ速さは必要か?
と言いますと、やはり速い方が良いでしょうね。

私は、パソコンをいじる前から、会社でキーボードを打つ仕事をしていましたので、慣れていましたから、まあ速い方だと思います。

決していばれるような速度ではありませんが・・・

速い方がストレスは少なくて済むかと思いますが、別にゆっくりだからライターはできないか、と言ったらそうでもありません。

いくら速くても、頭に文章が浮かんでこないことには書けませんからね。

簡単な文字入力だけで稼げる?
私も、もう結構長いことライターの仕事をしていますが、キーボードを前にして何も文字が浮かばないことがよくあります。

だから、「慣れ」でしょう。
毎日文字を打っていれば、自然と速くなりますから。

やはりまずは、「ノルマなし」などという、比較的融通の利く仕事に就いてみて、慣れるのがいいと思いますよ。

ブログライターの仕事とか、私がいつもご紹介している「アットSOHO」の仕事の中でも、時々「ノルマなし。空いている時間に書いてください」と言う案件もあります。

 

[ad#ad-1]

 

記事の書き方自体は、そんなに大変なことはないですから。

「読みやすく、まとまっている」ことが重視されるわけで、「上手な」文章は求められていません。
だから、「文章で自分を表現したい」なんて方には不向きかもしれませんね。

黙々と資料を探して調べ、自分なりにまとめるという繰り返しです。
でも、この仕事を請けていなかったら、絶対に調べないだろうなというようなことが知れるので、私は良かったと思いますね。