Webライターの仕事内容は?月にどのくらい稼げる?

どうしても今私が実践していることが中心になってくるので、アフィリエイトについての話題が増えているのですが、Webライターの仕事に興味を持っている方が多く訪問してくださっているようで、今日はその話題を。

Webライターなんていうと、ものすごくかっこ良く聞こえると思いますが、仕事としては本当にピンからキリまであります。

それほど幅広いということですね。

広い意味で言えば、Web上で公開する記事を書いている方はすべて「Webライター」ということになるのですから、ライティングのスキルや経験も違って当たり前ということになります。

そして、いつしか「Webで公開する記事を書く仕事をする人」をWebライターと呼んだり、ブログライターと呼んだりするようになったということですね。

だから、資格も要らないし試験もないということになります。

仕事によっては「トライアル」という形で、記事を提出するという会社もありますが・・・

収入も、ごくごく一般的な「初心者歓迎」とか「好きな分野についての記事を書いてください」という形で募集されている案件については、最初の単価が1記事100円ほどとなっています。

もちろん、募集をかける会社によって単価の差はありますが、100円から300円と言ったところが相場だと思います。

専門的な知識が必要な分野になると、500円からというところが多いようです。

何か資格を持っていたりすると、もうちょっと高くなることも。

他に、1記事いくらというのではなく、1文字いくらというところもあります。

私が受けていたのは、1文字0,5円、300字書くと150円ということになりますね。

 

スポンサードリンク

 

記事を書く他に、エクセルの表に入れたり、アップロードしたりという作業も付随している時もありましたから、妥当なところなのかもしれません。

1日にどれ位書けるのか、というのは本当に個人差がありますので、何とも言えないですが、最大10,000字くらいかな?

結構きついですけどね。

だけど、毎日同じ量の仕事が来るわけではなく、ある程度まとまった仕事が来る時と少ない時、パッタリ来なくて、また思い出したように依頼が・・・ということが多いので、なかなか収入は安定しないです。

だから、自分でもアフィリエイトサイトを運営したり、オークションやせどりをしたり、しているわけです。

ネットで稼ぐ第一歩として始めて、そこから本格的なライターを目指すか、他のネットビジネスで収入を得るかを決める、という方法が良いのかもしれません。

ライター募集サイトでも、何回か仕事を受けた上で、トライアルに合格すれば、より高い単価がもらえるようになる、という制度があるところもあります。

自分のスキルを評価してくれる、という点では、やりがいがありますよね。

ただ、「お小遣い稼ぎ程度の収入が得られればOK」という方なら、ライターの仕事の他、アンケートモニターなどの手軽な仕事もあります。

追記:今は、「自分から仕事を取る時代」かな?と思うので、ココナラやランサーズ、クラウドワークスなどに、ライター登録をして、得意なことをアピールしておくのもひとつの方法です。

私は、ライターとしても仕事をしていますが、アフィリエイターとして、外注さんに記事を書いてもらうこともあります。

だから、クライアントとしても登録しているのですが、「お仕事ください」というメールが時々届くんですよ。

今までの実績や得意分野、単価が書かれているので、こちらとしても頼みやすいですよね。

家で仕事をしたい人も増えているので、こういった積極的なアピールというのも、必要になるのではないかと思います。

「でも私には得意なものは無いし、初心者だから」と思っているあなた。

子育て経験があります」とか、「有名外食チェーンでアルバイトをしていました」などでも、十分なアピールポイントになります。

要は、経験値が物を言う、ということですね。


PAGE TOP