夏におすすめ!インパクト大の表紙絵で人気のあの絵本とは? | 家でできる仕事がしたい-在宅ライターの日常

夏におすすめ!インパクト大の表紙絵で人気のあの絵本とは?

パラオの空と海-夏におすすめの絵本

夏におすすめの絵本

情報源: 夏がもっと楽しくなる!夏のおすすめ絵本9選(年少~年長編)|cozre[コズレ]子育てマガジン

おおっ、さすがに、私も好きな絵本がズラズラっと。

特に、井上清代さんの「トマトさん」は、表紙のインパクトもさることながら、お話もユニークです。

トマトって、結構嫌いな子も多いけど、この絵本で親近感を持ってもらえそう。

長谷川摂子さんの「めっきらもっきらどおんどん」も、「こどものとも」でも有名ですが、ちょっと怖くて、だけど子供の好奇心をくすぐる絵やストーリーに、親も子も引き込まれるでしょう。

林明子さんの「はじめてのキャンプ」は、文字通り、息子たちを初めてキャンプに連れて行った時に買った絵本。

絵本と言うより、児童書のような見た目ですが、とても読みやすく、初めてキャンプに参加できることになった女の子の心情が、とても丁寧に描かれています。

今年は、コロナの影響で、なかなかキャンプにも行けないお子さんが多いけど、外では、家の中で学べないことがたくさんあって、子供の成長にはかけがいの無い経験ができますね。

ここで選ばれている絵本は、私もおすすめしたいものばかりです。

あえて付け加えるなら、

○ピーター・スピア作「なつのそら」

絵のない絵本です。

なつのそらに現れる雲を見て、子どもたちが、あれこれ想像力をフルに回転させる情景が、とても贅沢な時間に思えます。

絵を眺めているだけで、なんとなくシアワセな気持ちになれますよ。