ハリー杉山の「おもてなしの基礎英語」には隠れファンが多い?

朝ドラ「まんぷく」の新キャストが発表になって、ハリー杉山さんが登場することにびっくりされている方も多いでしょう。

俳優さんとしてテレビドラマにもされていますから、おどろくことも無いのですが、最近ではキャスターやMCとしてのイメージが強いですから。

J-WAVEのラジオ番組「POP OF THE WORLD」では、乃木坂46の齋藤飛鳥さんを生徒役として、英会話を教えるコーナーも人気ですね。

あとは、NHK教育テレビ「おもてなし基礎英語」でもMCを務め、きれいなブリティッシュイングリッシュを披露されています。

オンライン英会話-在宅ライターの日常

「おもてなし基礎英語」には、「英語の勉強も兼ねて見ているけど、ハリー杉山さんの顔ばかり見ていて、英語があんまり入って来ない」なんていう感想も。

隠れファンというとちょっと違いますが、ハリーさんの端正なルックスと流暢な英語を楽しみに見ている方も多いはず。

まあ、私もそのひとりなんですけどね。

日本では、英語と言うと、どうしてもアメリカ英語が主流になっていますが、英国英語のトラディッショナルな響きに惹かれる方も少なくないのでは?

では、実際に英語を勉強する際に、アメリカ英語とかブリティッシュイングリッシュなど意識しながら学んだほうが良いのでしょうか?

在日教師も多いアメリカ、イギリス英語、オーストラリア連邦などの生まれた時から英語を話している人や、英語での会話を毎日のようによく話す人と多く話すということが重要だということ。

ただ、今流行りのオンライン英会話で活躍されている、フィリピンやマレーシアなど、後から英語を学んだ方はだめなのか?というとそうではありません。

特にフィリピンでは、小学校から全教科を英語で勉強することになっているため、ほとんどの人が母国語のように英語が話せるのです。

日本のインターナショナルスクールに似ていますね。

だから、ある程度の教育を受けている方で、英語教師の資格がある場合は、アメリカやイギリス、オーストラリアの方々に比べても遜色がない、ということ。

それぞれに、微妙な言い回しやアクセントの付け方などに違いがあるため、できれば、さまざまな国の方々の英語に慣れておく方が良いのです。

スポンサードリンク

「イギリス、アメリカ等の英語圏の国に行く」とか「ネイティブの知人を作る」とか「英語で話している映画や、英語の歌やニュースを視聴する」等の様々なやり方が紹介されていますが、とにかく単語自体を2000個以上は覚えこむことです。

英会話を習得する際の意識というより、具体的に英語を話さなければいけないときの心の持ち方といえますが、失敗を気にしないでたくさん話す、こうしたことが英語がうまくなるテクニックです。

ただ聞き流すという単に英語シャワーを受けるのみではリスニングの技量は前進しない。リスニング才覚を向上させるなら結局のところ、無条件に音にして読むことと、発音の練習をすべきです。

先駆者に近道(鍛錬することなしにという意図ではありません)を指導してもらうことができるなら、スムーズに効率的に英会話能力を引き上げることが可能ではないでしょうか。

英会話のタイムトライアルをすることは大変有用なものです。喋り方は結構単純なものですが、リアルに英語を使った会話をイメージして、短時間で会話が順調に進むように稽古していくのです。

いわゆる英会話のオールラウンドな技能をアップさせるには、英語を聴くことや会話を続けることの両方を訓練して、もっと実用的な英語で会話できる能力をマスターすることが肝心なのです。

それなりに英語力がある方には、とりあえずは多く英語音声と英語字幕を使って視聴することを一押し提案しています。英語の音声と字幕を併用することで、どのような内容を相手がしゃべっているのか全面的に理解することがゴールということを、しっかりと頭に入れておきましょう。


PAGE TOP