在宅ワーカーの平均収入は?向いている人はどんな人?

在宅ワーカーの平均収入は?向いている人はどんな人?

在宅ワーカーの月収は月5万円以下」というのが、厚生労働省委託事業「在宅就業調査報告書」での見解のようです。

うーん、月5万円って、パートに出ても毎日出勤じゃなければ、このくらいかな?

妥当な線かもしれないですね。

月5万円稼いでいる人の割合としては、在宅ワーカーの約3割

他に、月収6~9万円が18%、10~19万円が18.5%ということ。

在宅ワーカーと言っても、専門職で、育児や介護のために在宅で働いている方もいらっしゃるでしょうから、10万円を超えている人というのは、専門的な技術や手に職を持っている場合というのがほとんどでしょう。

パソコンを使った在宅ワークで稼ぐ

在宅ワークを始めたばかりでは、1万円稼ぐのもやっとで、下手したら数千円なんていうこともあります。

ただ、最初から上手くいく人は稀なので、徐々に収入を増えしていくことを考えた方が良いですよね。

次に、1日に何時間在宅での仕事に時間が費やせるのか?ということも、大事な要素になってきます。

副業に1日1時間しか使えない人と、3時間使える人とでは、収入に大きな差が出るのは当たり前です。

最初は特に、知識を仕入れたり実際にああでもないこうでもないとやってみる時間も含めなる必要があるので、更に多くの時間が必要となります。

短時間で高収入というのはあり得ない」ということを頭に入れておけば、ネットでよく見かけるような誇大広告にもだまされないでしょう。

○在宅副業に向いている人と向いていない人とは?

ズバリ、以下のような人です。

●一人で黙々と仕事をしても苦にならない人
●自己管理を行える人、自分に甘くない人
●健康な人、または持病があっても体調管理に気をつけられる人
●納期をきちんと守れる人
●家族からの理解が得られる人

どうですか?

「自分に甘くない人」というのは、私自身もドキッとするような項目ですが、良いも悪いも自分にかかってくるので、「家ではダラダラしてしまいがち」の人は難しいでしょう。

逆に、「仕事」として考えることで、家に居ても気持ちの切り替えができるようになるもの、という考え方もありますが。

向き不向きを考えることも大切ですが、「在宅で仕事をすることのメリット」も考えてみましょう。

在宅で働くことのメリット

●家事などの隙間時間に仕事ができる
●通勤時間がゼロ
●引っ越しても仕事を続けることが可能
●家事や育児に影響を与えない(急ぎの仕事がある場合はNG)
●好きな時間に好きなだけ仕事を行うことができ、頑張った分報酬が得られる

在宅で働くことのデメリット

●孤独感を感じやすい(これでいいのか?と迷うことも)
●困っても誰も助けてくれない
●スケジュール管理をしっかり行わないと、徹夜などになることもある

と、やはり、メリットがあればデメリットもあります。

特に夫や子どもたちなど、家族からの理解は重要ですので、話し合いを事前にしっかりと行っておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

中には、「私には在宅ワークは向いてないみたいだけど、子供が小さいうちだけでも、家でできる仕事がしたい」という方もいらっしゃるでしょう。

育児主婦が在宅ワークで収入を得るにはどうすれば良いのでしょう?

子供が小さいと、なかなか子供から目が離せませんし、いくら家でできると言っても、「結局起きている間は仕事は無理」ということにもなりかねません。

また、子供が急に熱を出した時にかぎって急ぎの仕事が来たりして、断れば、次の仕事をもらえる確率は低くなります。

育児の片手間にできる副業も存在しますが、やはりまとまった時間が取れないとなかなか大きな金額は稼ぐことは難しいでしょう。

そんな時には、納期の決まっている仕事は避け、アフィリエイトなどの自分のペースでできる仕事が良いと思いますよ。

育児日記のような物を書いて、例え少しでも広告収入が得られれば、やりがいにも繋がります。

同じような境遇の方からコメントをもらえることもあり、ストレス解消になることも考えられますよね。