地域に密着したライター募集!仕事内容は? | 家でできる仕事がしたい-在宅ライターの日常

地域に密着したライター募集!仕事内容は?

在宅ワークも、今やさまざまな案件が出てきましたね。

ネットで調べただけでも、パソコンを使ったデータ入力やライターなどの他にも、「手仕事」や「調査」などの案件も増えてきました。

在宅ワークの「手仕事」の案件では、「ぬいぐるみの制作」や「子供服の作製」なんていうのがありましたよ。

ぬいぐるみを作る在宅ワーク

私も、ぬいぐるみは作ったことがないのですが、「子供服」は子どもが小さい頃は、見よう見まねで作ったことがあります。

まあ、元来不器用なので、ミシンと格闘しながら、四苦八苦してやっと作ったのですが。

着せてみたら、丈は長すぎるは袖は短いはで、結局着てもらえなかった、という苦い思い出です。

それでも、作っている時は結構楽しかったので、裁縫が得意な主婦の方にはぴったりですね。

昔ながらの内職とは一味違って、「デザイン」の分野まで任せられる可能性も出てきますから。

変わったところでは、「絵本作家さん募集」というのもありました。

これは絵本作家を目指している方にとってはチャンスですよね~

私は、コレクションするほどの絵本好きですが、絵はまるっきりダメなので、漫画も含めて絵がかける人が羨ましいです。

とは言え、ストーリーだけでも書けたら素晴らしいですよね。

いつかは挑戦してみたい仕事のひとつです。

スポンサードリンク

そして、今回みつけたのが、「地域に密着したライター」の募集案件。

例えば、住んでいる街のおいしい食べ物屋さんとか、オシャレなお店、ユニークな名物店主が営むお店などなど・・・その地に住んでいる人じゃないと、発信できない情報ってありますよね。

そんな情報を取材しつつ「ライターとして」記事にまとめる、というお仕事です。

「お仕事」というより、良さそうな情報を書いて、記事が採用されると報酬としてポイントや現金がもらえる、というシステムになっているところが多いですね。

だけど、これなら「楽しんで」できそうじゃないですか?

「取材」と称して、外食したり出かけたりできますから、アクティブな方には適した案件と言えるでしょう。

ある意味、「覆面調査員」の仕事に似ていますが、覆面調査員は、厳しい目でお店を採点して「どういう風にすれば、もっと良いお店になるのか?」を本部に送る仕事ですが、こちらはちょっと違います。

「どういう風にすれば、もっと良くなるのか?」という基本的な考え方は変わらないのですが、お店だけでなく、街全体やその都道府県そのものをアピールできるような文章力が必要になってくるのです。

とは言え、最初は、素直な自分の感想を書くことを心がけて行けば、自ずと良い文章に近づいていくのでは?と思いますよ。