「メレンゲの気持ち」で紹介されたシャトレーゼの新作は?

「メレンゲの気持ち」いつも見てます。

伊野尾くんは可愛いし、村上里佳子ちゃんも、しっかりとして見える反面天然なところがあって親しみやすいし。

いとうあさこさんのツッコミと、安定のまとめ役である雅美さんの時々出るボケもいい感じ。

あと、石塚さんの「通りの達人」コーナーも好きですね。

先週は、お饅頭の元祖と言われる塩瀬総本家でした。

なかなか見られない内部の様子と家宝と言われるお宝公開、30年のキャリアが光る職人さんたちの名人芸。

案内役の会長さんの品格というか、堂々とした中にも女性らしさを忘れない気遣いや、代々伝わるのれんを守ってきた誇りと重みがにじみ出ているような仕草に、見とれてしまいました。

物づくりに携わる方って、元来こういった頑固で繊細なんだろうな、ということを感じましたね。

で、今日はなんと、シャトレーゼです。

メレンゲの気持ちで紹介されたシャトレーゼ

昔、工場でアルバイトしていたことがあるんですよ。

懐かしいなー。

主に、アイスクリームを保管している冷蔵庫の温度管理と、品物の補充を担当していましたが、夏でも庫内は寒くて大変でした。

シャトレーゼって、結構全国いろいろな場所に販売店がありますが、工場は山梨にあるんです。

たいていの方は、「美味しくて安い」というイメージがあるのではないでしょうか?

安かろう悪かろうのイメージも付きがちなんですが、素材にこだわり、契約農家から直接仕入れ、すべて自社でまかなうというこだわりぶり。

商品に「無添加」と書かれているものも多いですし、最近では糖質オフの商品も結構見かけます。

問屋さんを通さないで、独自のルートで仕入れから販売までこなしているので、その分安く提供できるんですね。

それと、徹底した工場のオートメーション化にもびっくりしました。(私が働いていた時よりさらに進化)

安さの秘密がわかった気がします。