武蔵小山商店街の「あんぱん」で有名なパン屋さんはコミネベーカリー?

今日の「火曜サプライズ」は野村萬斎さんがゲストだそうです。

野村萬斎さん好きなんですよ。

一見堅物な感じだけど、ユーモアたっぷりで、品も良くて、「狂言」という日本古来の伝統文化を守っていらっしゃる重要な立場の方なのに、とても気さくにお話されますよね。

なんだか、憧れてしまいます。

商店街を食べ歩くというのは、この番組の風物詩ともなっていますが、今日の武蔵小山商店街は、私にとっても想い出深い街。

なんていっても、学生時代、帰り道にわざわざ降りて商店街をぶらぶらしていたくらいですから。

その頃は目蒲線の駅だったけど、今は目黒線なんですね。

武蔵小山商店街 火曜サプライズ

お友達とワイワイガヤガヤおしゃべりしながら、下町情緒あふれる商店街で買い物したり、食事をしたり、スィーツを食べたりするのが楽しみでした。

あの時よく行ったお店はまだあるのかな?

確か「なかよし食堂」という定食屋さんがあって、唐揚げ定食をよく食べていたんですよ。

少しおまけしてくれたりして、この辺は人情味あふれる商店街でした。

今日の放送では、どこのお店に行くのか?気になったので調べてみました。

私がよく通っていた時からあったのは、アンパンで有名な「コミネベーカリー」です。

いかにも「街のパン屋さん」的な感じとレトロな雰囲気が漂うお店ですが、アンパンの種類はなんと10以上もあるそうです。

当時からそんなにあったかな?

とにかく、中にはずっしりとあんが詰まっていて、食べごたえありますよ。

味ももちろんGood!

あと、登場するのが、ジェラードのお店ですが、なぜか学生服を売っているお店なんです。

もともと学生服を販売している洋品店が、スイーツやジェラードも扱うようになって、その美味しさが口コミで広がった、というわけ。

奇をてらったという感じですが、店主さんにしてみたら、自然の流れだったのでしょうね。

それから、「塩手羽先」を販売している38というお店も紹介されるということ。

こちらも、湯涌付きで、もともと販売していた中華料理店が店を閉めることになり、作り方のノウハウを直伝された「38」の店長さんが、今は販売しているのだそうです。

塩味で冷たい手羽先ってどんな味なんでしょうか?

冷たいほうがあっさりとした食感になるので、いくらでも食べられるんですって。

これはもう、今度食べに行くしか無いですね。

私も思い出の商店街が、こんな形で、しかも野村萬斎さんに紹介してもらえるとは!

とっても嬉しいですよ。

今は遠くに住んでいるけど、一度暇を見つけて、行ってみたいと思います。


PAGE TOP