簡単に稼げるという在宅ワークにはご注意! 

簡単に稼げる在宅ワーク」という言葉を、どれだけ目にしてきたことか?

インターネットをしていると、どこからともなく「簡単に稼げる副業」とか「私は家でできる仕事で月100万円稼ぎました」という文章が出てきます。

迷惑メールのような形で来ることも多いですよね。

では、実際にそんな話は無いのか?

と言われれば、「アルバイトをするよりも楽な仕事は、確かにあります。」と答えるでしょう。

だけどそれは

◯文章を書く力など自分なりのスキルを身に付けた

◯稼げる分野を自分で開拓した

◯ビジネスとして、本気でネットでの仕事に取り組んだ

などという結果なんです。

以前『がっちりマンデー!!』でも紹介されていましたが、このブログでもご紹介したcoconalaという自分のスキルを売り買いするサイトで、月20万円ほど稼げるようになって独立した、という男性の話。

ロゴマークをデザインする仕事をしていたが、なかなか仕事が舞い込んで来ず、coconalaに登録した結果、クライアントに気に入られ、評判を呼んで、その後仕事が途切れないようになった、ということ。

在宅でデザインの仕事をする

この男性の場合は、きちんとしたスキルがあったが埋もれていただけ、ということが言えます。

だから、私がしているような在宅ライターの仕事にしても、「誰もが書けるような日記文」のような仕事だと、1記事100円とかでも文句は言えないんですよ。

だからといって、いい加減な仕事をしていては、その後も続けられないばかりか、単価が高くなることも、自分自身が評価されることもありません。

最初は単価が安くても簡単な仕事から引き受けて、自分のスキルを磨きながら、完璧にこなすようにすれば、自然と稼げるようになる、という世界なんです。

考えようによっては、恵まれた環境かもしれませんが、「自分次第」という厳しい環境でもあります。

ただ、私もそうですが、どうしても「パソコンを使った仕事」だから、「簡単に楽に稼げる」と思ってしまうんですよね。

だって、キーボードを叩くだけで情報がいとも簡単に出てくるし、世界とも一瞬で繋がれるんですから。