平昌オリンピックで記事を書くなら 羽生結弦選手がゆずれないもの?

平昌オリンピック、ここに来てますます盛り上がってますね。

記事を書いている方も多いと思います。

スピードスケート女子の小平奈緒選手と高木美帆選手が、同時に表彰台に登った時には、本当に感動しました。

こんな光景を見ることは無いですから。

お二人とも、「努力の人」という形容がぴったりなのに、インタビューでは割合おちゃめで飄々とした一面も。

頑張っていることを顔に出さないなんて、カッコイイわー。

ジャンプの高梨沙羅選手も、念願の銅メダルが取れて、本当に良かった!

なんだか、親のような気分になって、ジーンときましたよ。

で、きのうの男子フィギュア。

平昌オリンピック男子フィギュアスケート

羽生結弦選手は、怪我から復帰したとは言え、経過については、ほぼベールに包まれた状態でしたから、期待はするものの誰もが不安を抱きながらの観戦だったのでしないでしょうか?

その不安を見事に払拭してくれたショートプログラムでの素晴らしい演技に、魅了されつつ「大丈夫」と確信した方も多いはず。

フリーの演技は、彼にとってはパーフェクトではなかったかもれないけど、もうもう「感服いたしました。」レベルの出来栄えでした。

「ここまで持っていくのには、きっと人間の限界を超えるトレーニングやメンタルの鍛え方をしたのだろう」と思うと、特にフィギュアファンじゃ無い人でも、涙無くしては見られなかったかもしれませんね。

ここで、大きく感情を揺すぶられた後に登場したのが、宇野昌磨選手ですよ。

オリンピック初出場で、尊敬する先輩が素晴らしい演技を披露した後、しかも出場選手中最後の登場という、プレッシャーだらけの中。

片付を飲んで見守っていると、しょっぱなから転倒。

「やっぱり、オリンピックの会場に飲まれてしまったのか?」と思う間もなく、すぐに持ち直して、その後は難易度の高いジャンプを何度も成功させ、表現力も豊かに優雅な滑りを見せてくれました。

確か、技術点のみだと、羽生選手を上回っていたんですよね。