主婦におすすめの資格はこれだ!在宅ワークにも役立つ資格をご紹介

主婦におすすめの資格

主婦が自分のスキルを高め、再就職や副業につなげるためには、やはり「資格を取る」というのも一つの方法です。

在宅で仕事をするにしても、お子さんの手が離れてから外に働きに出るにしても、資格があれば、仕事の幅が広がるでしょう。

そんな、主婦の方におすすめの資格についてご紹介します。

まず最初は、ライフスキルに関するものです。

たとえば、料理・裁縫・お菓子作りといった家庭的なスキルの他、子育てや介護、福祉に関する資格など、今までの経験や知識が役立つでしょう。

お菓子作りの資格を取得することもできる

次に、ビジネスに役立つ資格。

まず、簿記技能検定は、事務や経理などで求められる基本的な知識を身につけることができます。

また、宅建資格は不動産業界での就職や独立に必要な資格として知られています。

さらに、IT・Web関連の資格も注目です。

たとえば、基本情報技術者試験や社会人ITパスポートは、約200種類もあるIT系資格の中でも、初心者向けの基礎的な知識を身につけることができます。

スポンサーリンク



最後に、海外で活躍するために必要な語学資格をご紹介します。

TOEICやTOEFLは、英語力の証明書として世界中で認められており、世界での就職や海外旅行に役立ちます。

また、近年は中国語や韓国語といったアジア圏でのビジネスも増えてきており、それに応じた語学資格の需要も高まっています。

在宅で仕事をするために役立つ資格は?

では、在宅で仕事をするために役立つ資格には、どんなものがあるでしょうか?

在宅で仕事をする主婦にとっても、資格は非常に役立ちます。

誰でも簡単にできる仕事もありますが、資格を持っていると、より好条件での仕事や高収入の仕事が得られ、スキルアップにも繋がります。

まず最初に、在宅でのお仕事といえば、ライターや入力、または編集者など。

在宅の仕事といえば、ライターや入力

こういった職種には、記者・編集・ライティングの専門性が問われます。

そのため、ヨガなどの趣味から学んだ知識を、専門性を持って文章に起こすスキルが重要です。

そこで、専門性を身につける上で最適な資格が『TOEIC』や『英語検定』などの英語力証明です。

また、『日本語検定』や、英文法の基礎を理解するための英語力判定を受けることで、ライターや編集者としてのスキルを磨くこともできます。

次に、グラフィックデザイナーの仕事は、在宅でスキルを高めることができます。

グラフィックデザイナーの資格としては、『グラフィックデザイン技能士』などがあります。

また、独学での学習も可能ですが、資格を持っている、または勉強したことがあると、クライアントに対し安心感を与えることができます。

最後に、在宅でのお仕事の中でも人気なのは、Webデザイナーが挙げられます。

Webデザイナーとして働く場合は、HTMLやCSSなどの基本的な技術を習得することが必要なため、『HTML・CSS技能認定試験』といった資格取得がオススメです。

さらに、Webサイトの制作では、効果的なマーケティングも必要とされます。

そのため、『マーケティング検定』や、SNSの活用法などの勉強をしておくことが有利になる場合があります。

英語絵本の翻訳の仕事をする?

今後需要が高まってくると思われる資格は?

その他、最近需要が高まっている資格としては、以下のようなものが挙げられます。

1.ビジネススキル関連の資格

近年では、企業においてマーケティングや営業、人材育成に関するスキルが求められるようになりました。

そのため、ビジネススキル関連の資格が注目されています。

具体的には、MBAや企業法務検定、人事労務士資格などが挙げられます。

2.IT関連の資格

IT技術の進化や世界的な情勢の変化により、IT関連の資格も需要が高まっています。

AWS認定資格、プログラミング関連の資格(Java、Python、Ruby等)、セキュリティ関連の資格(CISSPなど) などが挙げられます。

3.医療・介護関連の資格

高齢化社会に伴い、医療・介護分野での資格取得も注目されています。看護師、介護福祉士、薬剤師、医療事務などの資格が需要が高まっています。

4.グローバル人材を目指すための資格

グローバル化が進んでいる現代において、語学力は必要不可欠なスキルです。

TOEICや英検、TOEFLなどの英語力証明試験のほか、日本語能力試験(N1) や中国語・韓国語などの語学資格も需要が高まっています。

このように、資格を持つことは、自己肯定感につながったり、仕事に対するモチベーションを高めるために重要ですが、「資格がなければ仕事ができない」わけでは無いのです。

資格が無くても、自信を持って仕事をしている方はたくさんいらっしゃいますから。

ただ、自分にとってプラスになると判断したら、腕試しのつもりで資格試験に臨むのもアリですよね。