「谷川俊太郎 絵本★百貨展」が香川県の高松市美術館にて開催される!

主婦が絵本翻訳家になるには? 未分類

「谷川俊太郎 絵本★百貨展」が、2024 年7月20日(土)から9月16日(月・祝)まで、香川県の高松市美術館にて開催されます。

谷川俊太郎の絵本百貨展

絵本の魅力を存分に体験できる、谷川俊太郎の世界観が光る待望の展覧会が開催されます。

約20冊の絵本から原画やインスタレーションを展示し、文学と美術が融合した革新的な空間を見せます。

詩人谷川の代表作「もこ もこもこ」の動く映像作品や ことばあそびを体感できるコンテンツなど、驚きと感動が待っているでしょう。

まさに、絵本の世界を存分に楽しめる、まさに百貨店のような夢の空間が高松市美術館に登場します。

以前、東京の立川市でも巡回された独自の世界観を持つこの絵本展覧会の見どころは、単に絵本を見るだけでなく、その世界観を五感で体験できる点です。

例えば、「おならうた」のドームでは、くすっと笑えるおならの音が鳴る仕掛けがあり 谷川俊太郎のユーモアセンスを直に感じることができます。

また、「ことばあそびうた」のコーナーでは、体を動かしながら言葉遊びを楽しむことができ 谷川の詩の持つリズムと遊び心を全身で味わえます。

さらに注目すべきは、様々なクリエイターたちが谷川の絵本世界を独自の視点で表現した作品群。

アートディレクターやデザイナー 映像作家、建築家など 異なる分野のプロフェッショナルたちが谷川の言葉に新たな命を吹き込んでいます。

これらの作品を通じて、谷川俊太郎の詩が持つ普遍的な魅力と それを現代的に解釈する創造性の融合を目の当たりにできるでしょう。

そして、展覧会の白眉とも言えるのが、「もこ もこもこ」の映像インスタレーション作品です。

谷川本人の朗読と、動く絵が織りなす幻想的な空間は、絵本の新しい可能性を示唆しています。

言葉のリズムと視覚的な動きが呼応する様子は、まさに詩と絵の化学反応と言えるでしょう。

まさに、絵本とアートの融合とも言うべき展覧会ですね。

全国を巡回して開催されていますので、是非、さまざまな土地で観覧してみてください。