在宅ワーク、在宅勤務の必要性その2

在宅ワークや在宅勤務の必要性については、ブログ開設当初から書いていますが、やはりこれからは、「在宅ワークは怪しい」ということではなく、「もうひとつの新しい働き方」という受け止め方をすべきだと思います。
このマクドナルドの取り組みにより、「きちんと事前準備さえしていれば、社員の在宅勤務というのは充分可能である」と認識されますよね。
一番良いのは、このように、今まで働いていた職場の仕事を在宅でできることなのですが、そういったキャリアのない方でも収入を得ることができるのも、在宅ワークの魅力です。
だけど、やはり「初心者」の場合には、ある程度の収入を得るまでに時間がかかります。
それは仕方のないことですよね。
ただ、「初心者」ということで、足元を見て、「研修費用」と称してお金を取る会社も多いですから、その点は充分に気をつけましょう。
初心者の方が在宅ワークを始める場合、特にネットで在宅ワークを始めル場合は、いつも言っているように、「まずはインターネットの使い方に慣れましょう」ということ。
そして、GoogleやYahooの検索機能を駆使して、いろいろな情報を集めてみる。
ちょっと「情報に溺れそうになる」危険性もあるのですが、自分の手でさまざまな情報を検索していくうちに、「どういった情報が信憑性があるのか?」というのがおぼろげながらでもわかるようになってきます。
そしたら、まずはブログを立ち上げて読者の方と交流したりしてみると良いのですが・・・
「とにかくすぐに少しでも良いから収入を得たい」という方には、「ブログライター」をお勧めします。
ある程度まとまった仕事を受けてみたい、という方には、「アットSOHO」のような、在宅ワークマッチングサイトが良いと思います。
今回の地震で、これからも停電などで「会社に行けない状態」が続くかもしれませんから、在宅勤務を打ち出す会社も増えてくるかもしれませんね。