在宅ライター日記-こんな時こそ・・・

この大地震で、福島原発からの放射線漏れを受けて、海外でもヨード剤が売れているということです。
これにはビックリしましたね。
日本国内だけでなく、海外でも危機感を覚えていると言うこと。
在宅ライターの仕事でも、きのうくらいから、放射能とかのとこについて書くということも多くなったのですが、やはり「聞きかじり」の知識では書けません。
憶測やデマを流すと、あっという間に広まってしまいますから。
私が情報源としているTwitterでも、「公式RT」の利用を勧めています。
というのは、普通にRTしただけだと、「つぶやきの出所」がわからなくなってしまうからなんですね。
有益な情報も流れていますが、それだけ「デマ」も流れやすい、ということですね。
ヨード剤が有効であることは嘘ではないようですが、「効果は限定的」ということ。
つまり用意しただけではダメということなんですね。
ただ、こういった状況になると「何かにすがりたい」と思うのが人情です。
それに付け込んで、何か商品を売ろうなんていう人も出てくるかもしれません。
悲しいことですが・・・
在宅ライターとしてもそうですが、もしTwitterやブログなどで、地震災害に関して書く場合は、念には念を入れて「正しい」と判断してからの方が良いと思います。
なかなか情勢がよくならないばかりか、日々悪くなっていくような・・・
それでも希望を捨てず、目の前の仕事を着実にこなして、少しでも前に進みたいですね。