在宅ライター日記-オーストラリアが支援の申し出を

きのうの地震からほぼ1日が経ちましたが・・・
震源地に近い地域では、想像を絶する悲惨な状況が続いているようです。
「何かしなきゃ」と思いながらも、何も出来ず。
結局は、Twitterで送られてくる「安否確認情報」や「避難所情報」などを流したりするのが精一杯。
だけど、もしインターネットに繋げられる環境にあるのなら、Twitterをのぞかれた方が役に立つ情報が流れていますよ。
そんな中、海外からの援助の手が差し伸べられるというのは、ありがたいですね。
このオーストラリアの申し出は、心に沁みます。
きのう地震が起きた時、私は仕事をしていたのですが、ものすごい揺れにびっくりして、結局「何もできない」状態でした。
動けないくらいの揺れで、めまいを起こしたようになり、仕方なくその場でうずくまっていました。
情けないですが・・・
これだけ離れた場所でもそうなんですから、被害に遭われた方のことを思うと、本当に「生きた心地がしなかった」だろうと思います。
「1日も早い復興を願う」とか「これ以上被害が拡大しないように祈ります」とかと言う言葉も、「気休め」のような気がしてしまいますが、今はこう祈るしかありません。
電気の供給量も全く足りていない状況みたいですね。
今日は極力電力を使わないようにしたいので、この日記を書いて、急ぎの仕事を片付けたら、パソコンもOFFにしようと思っています。
そのくらいのことしかできないですから。

スポンサードリンク



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP