在宅ライターとヤフー知恵袋

在宅ライターの仕事のために、今日もニュースサイトをチェックしていたら、ビックリ!
なんと、京大入試中に、「ヤフー知恵袋」というQ&Aサイトに、試験問題を書き込んだ人がいたとか。

009
あらら・・・
だけど、みんなが見ることは必須。
なんのためにしたんでしょうね。
この間の著作権の問題にしても、「重大な犯罪に繋がること」が「パソコンや携帯ひとつで簡単にできてしまう」というのが、本当に怖いです。
これだけ、インターネットが発達している時代、子ども達にも小さいうちから「インターネットの使い方」のような授業をするべきだと思います。
それも、かなり踏み込んだものを。
この「ヤフー知恵袋」なんですが、在宅ライターの仕事にも使えます。
もちろん、そのまま使うわけではないのですが、あるテーマについて「みんなはどういうことを知りたいのか?」ということが調査できるわけです。
このブログでも使わせていただいていますが、「ヤフー知恵袋」で質問に上がっていることをピックアップし、それについて自分で調べる。
そうすると、ライティングの幅が広がるんですよね。
「記事を書くこと」はある程度慣れればすぐにできるようになるのですが、「何について書くか」ということを決めるのに時間がかかることが多いんです。
それに、マーケティングの勉強にもなりますから。
中には、ものすごく「くだらない」質問をしている方もいらっしゃいますが、それはそれで、「こんなことに悩んでいる人もいるんだなー」ということがわかったり。
在宅ライターの仕事をされている方は、一度は覗いてみると良いでしょう。
“<京大問題ネット投稿>「携帯持ち込み禁止に」…受験生怒り”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110227-00000000-mai-soci