在宅ワークの仕事-テープ起こしは素人でもできる?

在宅ワークの仕事に「テープ起こし」というのがあります。

「テープライター」とも呼ばれていますが、一昔前は、主婦の在宅ワークとして花形的存在でした。
テープライター講座」などの通信講座も結構ありましたね。

今でも「テープ起こし」の需要はありますが、はっきり言って「初心者」の需要は少ないかな、と思います。

スポンサーリンク

私も、「ライターの仕事をしている」ということだけで、「テープ起こししてくれない?」と知り合いに頼まれたことがあるのですが、結構難しいですよね。

今は「テープ」と言っても、パソコンで「音声録音」したものがほとんどですが、「話し言葉を聞き取って文字に起こす」という仕事となります。

一見「聴こえた通りに文字にするだけだから、簡単そう」と思うかもしれませんが、話し方の癖や滑舌(かつぜつ)の悪さなどで、「細かいところが聴き取りにくい」と言うことが多いのです。

話の流れから推測できるところは良いのですが、こちらで勝手に解釈してしまうと、「全く反対の意味になってしまう」なんていうことも起こってしまいますから、気を抜けませんね。

ある意味、同時通訳の仕事にも似ていると思います。

同時通訳も、語学ができるのは当たり前で、場数を踏んでキャリアを積まないと、プロとしての仕事が成り立たないですよね。

学校の授業で、同時通訳を学んだことはあるのですが、最初は日本語での訓練でした。

クラスメイトが思いついた文章を言って、その文章が終わらないうちに、私が聞いたことを反復する、という単純なものなのですが・・・

聴きながら話すというのは、こんなにも難しいのか?」と音を上げたことを覚えています。

まあ、最終的に英語でも少しはできるようにはなったのですが、同時通訳の大変さを実感したわけです。

語学という障壁が無い分、門戸は広いと思いますが、「すぐに」とか「簡単に」できる仕事ではないことは確か。

ある程度経験を積んでいけば、「勘」が養われるとは思うのですが、素人がいきなり「仕事」として引き受けるのは止めた方が良いでしょう。

忙しい-在宅ライターの日常

まあ、ほとんどの「テープ起こし」の求人が「経験者のみ」となっているようですが・・・

でも、たまに「やる気のある方でしたら、初心者の方でもOK」なんという求人もあるので、「最初は修行」のような気持で応募してみるのも良いかもしれません。

パソコンでの教材なども、PDFファイルから音声ファイルに移行しつつありますし、今後はこういった分野での需要もありそうですよね。

スポンサードリンク



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP