「ちびくろさんぼ」について

皆様ご存知の『ちびくろさんぼ』

長い間「差別用語」を使っているということで、絶版になっていました。

そして、岩波書店からは、もう2度と出版されることはないだろうという

ことで、一時は、何万という金額で取引されていましたが・・・・

今年、復刊されたんですね~瑞雲舎さんから。

しかも、あの赤い表紙で・・・・

ということは、もう岩波書店版は、高く売れないか?

オークションで見る限りは、大分値崩れしてきましたね。

ただし、色合いなんかも違いますし(少しどぎつい感じがします。)やはり

「オリジナルが」と言う方も多いので、そこそこ高くは売れます。

「きれい」な状態で5,000円くらいが相場でしょうか。

先日は、7,000円で落札されていました。

ちびくろ・さんぼ
ちびくろ・さんぼ

posted with amazlet on 05.10.12
ヘレン・バンナーマン フランク・ドビアス 光吉 夏弥
瑞雲舎 (2005/04/15)
売り上げランキング: 283
おすすめ度の平均: 4.26

5 思い出に残る一冊
5 懐かしい!!
4 帰ってきた!

スポンサードリンク



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP