在宅ライターとして通用するライティング能力を上げるには?

まず断っておきますが、私のライティング能力は、まだそんなに高くないです。

これは、謙遜でも何でもなくて、客観的に見て「まだ読みにくいなー」というレベル。

ただ、私がここで書いているライティング能力というのは、あくまでもアフィリエイト用の記事作成のための能力なんですね。

だから、小説やエッセイを書くような「文章力」ではないです。

私だって、そんな文章力が欲しいですけど・・・

それはすぐに身に付くものではないですからね。

センスや才能の問題もあるし・・・

ということで、諦めてはいないのですが、とりあえずは目の前にある仕事をこなすために必要なスキルを目指そうということですね。

とは言え、アフィリエイト用の記事を書くことを卑下しているわけではありません。

ただ、「仕事」として使う文章なので、いくつかのテクニックをマスターすればそれなりに「使える」文章にはなるんですね。

009

で、アフィリエイト用の記事ということは、「人様に物を買っていただく」ための文章ということですから、言わば「実際のお店で商品を販売する時のトーク」と同じ。

「欲しい、買いたい」と思っていただかないといけません。

そのためのライティングスキルを身に付ける方法は? たくさん文章を書くこと。

ハーー? と思いましたよね?

スポンサーリンク

 

だけど、やっぱり「数をこなす」ことが一番なのでは、と思います。

書いているうちにわかることってたくさんあるんですよね。

自分の良いところや悪いところがわかるようになるまで、ただただ書きまくる、ということ。

幸いパソコンで書く分には、気に入らなければすぐに消せますから。

何度でも書き直せますよね。

やっぱりここを通り抜けないと、稼げるようにはならないかも。

と言っても、闇雲に「ただ書け」と言われて書けるものではないですね。

なので、最初は、「自分の好きなことについて書く」というのが良いのでは?

好きなことと言っても、あまりにもマニアックで、他に好きな人が居ない分野だと、見に来てくれる人も少なくて悲しいと思います。

そこそこメジャーで、より多くの人が来てくれるとなると、やはり好きなドラマの話とか、ミュージシャンのライブに行ったこととか。

ちなみに、今はNHKの朝ドラ「ひよっこ」やその他単発のドラマを見ているので、その感想をつらつらと書いています。

ただ思ったことを書いても良いのですが、見ていて「このロケ地はどこ?」とか「この俳優さんは以前も朝ドラに出ていた?」などみんなが疑問に思うようなことを書くと、よりたくさんの人が見に来てくれますよ。

そうなると、楽しくてどんどん書いてしまう、という好循環になりますから。