本好きはせどりに向かない?

最近、あちこちで見られる「せどり」論。

「本が本当に好きだったら、転売なんてできないんじゃない?」という声もよく聞きます。

うーーん、どうなんだろう?

確かに、「転売目的だけ」の人、たとえば、ブックオフに行く→100円コーナーを見る→

棚から目ぼしい本を選ぶ→携帯でサーチする→ある程度高ければ買う→アマゾンなど

で売る→売れなければどんどん値段を下げる

この図式を繰り返していれば、ある程度は儲かるのかなー

そこに、「感情」は入り込まないよね~

もともと「せどり」→転売とおもっている人は、それでいいんだと思うけど・・・

どーなんだろう?

やっぱりそれじゃあ、長続きしないと思うんだけど。

だって楽しくないし・・・

「あんただって、儲けるためにやってるんでしょ? きれいごと言ったって」

と言われそうだけど・・・

それでも、初心者の方には、「ただ儲けるためだけ」の「せどり」はお勧め

しません。

「自分の好きな分野の本に囲まれる幸せ」、「お宝本と言われる本に出会

える幸せ」、「それをなくなく手放した時に、お客様に感謝される幸せ」を

体験しながら、稼いで欲しいと思います。

「稼ぐ」ことは決して「恥ずかしい」ことではないと思いますし、実際私も

仕事としてする以上は「稼ぎたい」です。

スポンサーリンク

 

だから、日々いろいろと戦略を練っているわけです。

だけど、「本が好き」「本屋さんが好き」「古本屋さんが好き」から始めた

のは確かです。

「転売」したからって、「敬意を払わない」ことにはならないでしょう?

いやいや、書いているうちに、何が言いたいかわからなくなってきまし

たが、「本好き」→「稼ぎたい」→「せどり」の図式は間違っていないと

思いますよ。

スポンサードリンク



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP