簡単なリライト方法

リライトは、元の文章の内容を変えずに、言い回しを変えたり自分なりの感想を入れたりして、オリジナルに近い文章を作ること。

なんですが・・・
これって、結構大変なんです。

特に始めたばかりの方だと、「普通に自分で文章を作った方が楽」とか思ってしまいます。
実際に私もそうでした。

それに、元の文章が、あまりにも自分の文章とかけ離れていたりすると、余計リライトし辛いですよね。

この方法は、いつもいつも使える方法ではなく、元の文章が「著作権フリーの文章」だった場合に限るのですが、一番簡単なリライト方法は、「最初にその文章についての説明書きを加える」「最後に自分なりの感想を書き加える」ということ。

真ん中に原文を入れるのですが、やはりそのままではまずいので、メモソフトなどの「置換え」機能を使って、2,3の単語を置換えして使います。
子どもの作文-在宅ライター日記

この機能は、windowsの「メモ帳」にも付いていますから、使わない手はないですね。
例えば、文章中の「ダイエットサプリメント」という言葉を「ダイエットドリンク」とかに変更する時も、この機能を使えば、たとえ数十個あったとしても、一瞬で変えてくれます。

意外と知らない方もいらっしゃるんですよね。

スポンサーリンク


で、簡単なリライト方法の話ですが、この方法だと、真ん中の原文部分が多少浮いてしまっても気にならないんです。
しかも、専門的な知識を必要とする文章だった場合、最初にわかりやすい説明があった方が読みやすいし、感想も添えることで、より親しみやすい文章になるんですよ。

最初に断ったように、すべての文章に使えるわけではないけど、「これは使えるな」と思ったら、こういったパターンで書いてみると、案外スムーズに書けるものです。
一度試してみてくださいね。


PAGE TOP