ネット内職とアフィリエイトの違いは?

ネット内職というと、やはりデータ入力やWebライターなどの「簡単なお仕事を黙々と続ける」というイメージがありますよね。

まあ、「内職」という響き自体がそうなのですが・・・

ただ、「誰でもできる単純な仕事」を「まじめにきっちりとこなす」というのも私は大切なことだと思います。

広く言えば、インターネットでお金を稼ぐ仕事すべてがネット内職とも言えるのですが、やはり月々の収入が数千円から1,2万円位のところを「ネット内職」というのかな?

その辺の線引きは難しいのですが・・・

中には、データ入力やライターの仕事で10万円くらいの収入がある方もいらっしゃるようですが、もうそうなると「内職」とはとても言えませんね。

だけど、そこまでのスキルを身につけるには、結構時間がかかるとは思いますし、1日に仕事に費やす時間もかなりのものだと思います。

それに比べると、アフィリエイトは、最初は本当に稼げませんが、だんだんとサイトやブログを作っていくうちに、コツのようなものが掴めますから、あまり時間を費やさなくてもある程度の収入になるんですね。

とは言え、最初の数ヶ月は無収入に近いですから、なかなか作業が続かないんですよ。

私も、最初からすぐに稼げるとは思っていなかったけど、ブログやサイトを作り1日に記事をいくつも書いて、広告を貼って・・・ということを繰り返していっても、「報酬ゼロ」の日が続くと、さすがに悲しくなりました。

でも、ある程度ブログやサイトに記事が貯まり、来訪者の方が増えてくると、ポツポツ収入が上がってくるんですよね。

それが、たとえ数十円であっても嬉しかったり・・・

そんなことを繰り返しているうちに、いきなりポンと数万円の利益が上がったり。

だから、どちらが良いということではなく、興味があったら、両方並行して始めると良いのかな、と思いますね。

それか、リアルの仕事をしながらアフィリエイトをするとか。

もちろん、好き好きですけどね。

他にもネットショップ運営とか、ドロップシッピング、オークション、せどり、コンサルタント業、などなど・・・ネットでの働き方も多種多様ですから、何もひとつのことにだこだわらないで、いろいろチャレンジしてみるという手もあります。

【無料】パソコン超初心者がラクラク月に3万円を稼いでいる方法


PAGE TOP