在宅ワークからアフィリエイトへ

アフィリエイトも、広い意味で言えば在宅ワークと言うことになるのですが、世間一般言われている「内職仕事」という意味で在宅ワークを捉えれば、少し違うのかな、とも思います。
在宅ワークで一般的に知られているのが、「データ入力」ですね。
「エクセルの表に、決められたデータをただ入力するだけ」というイメージがあり、比較的簡単そうですが、「素早い処理能力」と「ミスの少なさ」が要求されます。
「初心者でもできる」という求人もありますが、単純な仕事ほど単価が安いので、スピードと正確さがないと、報酬も少なくなりますよね。
だけど、ある程度の「スキルの向上」は望めると思います。
ただし、相当な忍耐力をを必要とするでしょう。
次に、私が請け負っているような「Webライター」の仕事ですね。
「記事を書く」というのが、書きなれない人にはとても難しそうに思えるのでしょうが、ネット内職初心者の方には、やはりこちらの方をお勧めします。
「文章を書くのは大嫌い」と言う方でなければ、書いていくうちに徐々に慣れてきます。
こちらも単価が安いので、ある程度の量をこなさないとまとまった収入にはなりませんが、その後、自分でアフィリエイトサイトなどを作成した場合には、このWebライターとしての能力が役に立ちます。
そういった意味でも、アフィリエイトに興味がある方は、まず「Webライター」か「ブログライター」から始められると良いでしょう。
ただ、アフィリエイトは何度も言いますが、「好き嫌い」が分かれるものなので、そういった方には「Webライター」で専門的なスキルを磨くか、一歩踏み込んで「ライター」として独立できるスキルを手に入れるという方法もあります。
私は、在宅ライターとアフイリエイター両方で収入を得ていますが、そろそろアフィリエイト一本にシフトしようかと思っています。
やはり同じ記事をひとつ書いたとしても、クライアントさんに提出した記事は、その時点でクライアントさんに著作権が移ります。
だから、自分の記事であっても再利用はできないんですね。当たり前ですが・・・
その点、アフィリエイトサイト用に書いた自分の記事は、リライトすれば何度も使えますから、効率が良いのです。
多分、今のところ、1記事あたりの報酬単価は、アフィリエイトサイトで使った場合、数倍にもなっているでしょう。
ただし、アフィリエイト報酬はなかなか安定しませんから、やはりそれ以外の収入源も確保しておきたいところ。
その代わり、以前作って忘れていたサイトから、コンスタントに売上があがる、なんていうこともあるので、止められないんですよね。
最初は、即金収入も望めるオークションと並行して行うか、ブログライターとして報酬をいただきながらアフィリエイトの作業もする、という方法が良いでしょう。
【無料】パソコン超初心者がラクラク月に3万円を稼いでいる方法


PAGE TOP