在宅ワーク募集サイトのデータ入力案件は怪しい?

在宅ワーク」や「データ入力」の仕事というだけで、何となく「怪しい」とか「悪徳業者じゃないか」と思っている方も多いようです。

まあ、「怪しい」というのは個人の判断によって違うでしょうが、確かに最初に加盟金のようなものが発生したり、「資料請求してください」というのが全面に出ていて、詳しい仕事内容が書かれていない会社も多いですね。

インターネットをあまり使い慣れていない方にとっては、「すべてが怪しい」と感じてしまうでしょう。

在宅ワークは怪しい?
在宅ワークの中でも特に悪徳会社が多いのが「データ入力者を募集」している会社と言われていますが、実際はそんなに数は多くないと思うんですよ。

ただ、こういった会社が広告費を使ってまで宣伝しているので、目立つようにはなるんですね。
それに、ニュースにまでなっていましたから。

「データ入力」の仕事については、「会社で調査している内容が外部に漏れてしまう恐れがあるので、まず外注に出すことは少ない」というような意見もあります。

スポンサーリンク


だから、「データ入力」の在宅ワークの仕事が少ないとも言えるでしょう。
在宅ライターの仕事でも、悪徳と思われるような会社は皆無ではありませんが、比較的少ないようです。

もし「在宅ライターとして仕事を請け負ってみよう」と思われるのでしたら、最初から「アットSOHO」や「ランサーズ」「coconala(ココナラ)」などの在宅ワークマッチングサイトで探された方が良いかと思います。

こちらで探しても、すべて信用できる会社というわけではありませんが、掲示板形式にしたりオープンになっている分、何かトラブルが発生した場合に、発覚する可能性も高いのです。

その前に、もう少し「お小遣い稼ぎのようなものをしてみたい」という方には、「ブログルポ」のようなブログライターをお勧めします。

とにかく「記事を書くこと」に慣れるというのが一番なので、最初は自分でブログを作って記事を書いてみる、というだけでも良いと思います。

そして、広告を貼ってみるとか。

Web上で読みやすい記事の書き方がわかったところで、ライターとしてマッチングサイトに登録する、あるいはできそうな仕事に応募する、ということでも良いと思いますよ。


PAGE TOP