在宅ライターの記事納品の仕方

在宅ライターをしてみたいけど、記事を書くのも始めてなら、納品の仕方もわからない・・・なんて躊躇している方も多いと思います。
在宅ライターの中でも、個人的に仕事を受けるのではなく、「ブログライター」として会社に登録し、書きたい案件が来た時だけ書く、と言う方法が一番気楽ですね。
その場合は、ほとんどが自分のブログに指定されたテーマで記事を書き、指定されたリンクを入れれば終了です。
その後、記事を投稿したブログの記事URLを報告する、ということになりますね。
だけど、在宅ワークのマッチングサイトなどでライターの仕事を請け負った場合は、納品する必要が出てきます。
それでも、たいていは、「メモ帳」などのシンプルテキストソフトに記事を入力して、そのままメールに添付後送信という形で大丈夫だと思います。
「メールに添付って?」という方は、お使いのメールソフトをメール送信時によーく見てみてください。
「クリップ」などの記号があって「添付ファイル」などと書いてありますので、そこをクリック。
あらかじめ保存してあった「記事を書いたテキストファイル」を指定すれば・・・
ちゃんとメールに添付されるようになっていますから。
場合によっては、「Excelファイルで納品」と指定されることもありますが、その場合でもExcelの表の指定された部分に記事を入力して行くだけで、そんなに難しいことは要求されないと思います。
また、メール添付の方法については、同じです。
たまーに、「ZIP形式に圧縮して送ってください」と言われることもありますが、初心者の方OKのお仕事ではまず言われないと思います。
ただ、この「圧縮」というのも、慣れれば簡単にできる作業ですので、そう怖がることもないのですが・・・
私も最初は「ファイルを圧縮してください」と言われて、途方にくれたことがありますが、検索してみたらすぐにわかりました。
逆の作業として、この圧縮したファイルを解凍する、というのもありますが、解凍ソフトが入っていなくてもダブルクリックで解凍できる場合もありますし、こちらも本当に簡単です。
「どんくさい」私でもすぐにできたのですから、大丈夫です。
まずはチャレンジですよね。


PAGE TOP