在宅ライター仕事のテスト内容

「在宅ライターのテスト記事ってどうやって書けばいいんですか?」というご質問をいただきました。
やはりクライアントさんによってライターさんに「求めるもの」は違ってきますが、1記事100円から200円くらいの単価の仕事でしたら、そんなに高いクオリティーは求められません。
ただ、やはり「文章のセンス」というものを求められる場合もあります。
と言っても、そんなに構える必要もないのですが、たいてい何かテーマを与えられますので、そのテーマに関係のある事柄について、読みやすくまとめると言うことで良いと思います。
例えば、「産後ダイエット」についてというテーマだったら、産後ダイエットというのは・・・という感じで、自分の知っていることや調べたことについて、「自分の言葉で」文章を書くということです。
普段ブログを書かれている方なら、いつも書いているブログほどくだけた感じではなく、かといって、あまりに固い文章にならないように気をつける、ということでしょうか。
「起承転結」という言葉どおり、やはり最初に「○○というのは知っていますか?実は・・・なんです。」などの文章から入り、「意外と○○なんですね。皆さんも○○されてみてはいかがでしょうか?」などで締めくくるという感じですね。
友達に語りかけるというよりは、顔なじみの知人でしかも少し年上の方をイメージして書くと良いかと思います。
これについても、テーマや記事の内容によって変わってくると思いますが・・・
学術的な専門誌に文章を載せるわけではなく、ブログを訪問した方に、「少しだけ専門的な知識をわかりやすく解説する」という感じで書くということですね。
「文章を書く」というと、学校で無理やり書かされた「作文」のイメージがあり、苦手意識を持つ方も多いと思いますが、書き慣れてくると、そんなに難しいものではないと思えるでしょう。
ライティングに慣れてくれば、「文章を書くだけで」報酬がいただけることに喜びを感じるようになりますよ。


PAGE TOP