在宅ライターの仕事と著作権

在宅ライターとして、仕事をするようになると、どうしても避けて通れないのが「著作権法」のこと。
まあ、本当は、Web上で公開されるものは、全世界の方々に公開されるわけですから、常に著作権のことは気をつけなければならないのですが・・・
普通にブログに日記を書いているだけ、というつもりでも、勝手に他の方の記事を自分の日記に貼り付けて利用してしまったら、最悪裁判沙汰になることもありますから。
ニュース記事などの引用に関しては、引用部分のURLをきちっと記載して引用部分よりも本文記事が多ければ、ということになっていますが、これに関しても、「絶対これで大丈夫」というようなことはないんですね。
だから、「このニュース記事はブログに引用しても良いですよ」という表示のあるサイトを選んで使う、とかはした方が良いでしょう。
一番してしまいそうなので、「Youtubeの動画を貼り付ける」ということ。
私もチャゲアスのファンなので、日記ブログには好きな動画をどうしても貼り付けてしまうのですが、好きなアーティストの動画って、事務所とか音楽配信会社とか以外の個人の方が載せていることがほとんどです。
そうなると、当然許可はとっていないですから訴えられたら即削除する、ということになります。
きちんと「個人的に楽しむため、他の方にもこの曲の良さを知っていただくためにアップしました。もし問題があれば、すぐに削除します」と書いてある場合もありますね。
こういった方がアップしていただけるお陰で、さまざまなお宝映像も見られるわけなのですが・・・
自分の趣味の日記なら、そのまま使っていても動画が見られなくなるだけなのですが、仕事として依頼された日記サイトに動画を貼り付けた場合は、そうは行かないですね。
だから、特にクライアントさん側から指示されない限り、動画サイトは利用しない方が良いでしょう。
自分でアフィリエイトサイトを運営していても、著作権法に引っかかるような記事を書いていた場合、たとえアフィリエイト収入が発生していたとしても、取り上げられた上でID削除などの措置をうけることになるので、注意が必要です。