内職や在宅ワークにまつわるトラブル

在宅で仕事をするのは良いことだけど、くれぐれも詐欺や悪徳商法に気をつけてください、という記事を書いたばかりで、とてもタイムリーなニュースを発見しました。
内職にまつわるトラブルで「報酬未払い・遅延」は28.0%
http://news.ameba.jp/20110827-49/
内容を読んでみると、「仕事の納期」と「報酬の未払い・遅延」が同じ位のパーセンテージですから、すべて「詐欺」とか「悪徳」というわけではないのでしょうが。
「仕事の納期」に関しては、ペナルティーを課されても仕方のないことですから。
かくいう私も、納期が遅くなったことは何度かあります。
すべて、「仕事を掛け持ちで受けていたこと」が原因で、「ふたつ一辺に納期が来ては、とても間に合わせられなかった」ということなのですが・・・
プロとしてはあるまじきことですよね。
納期に間に合わないのはいけないことだけど、早目に申し出ると、クライアントさんの方でも打つ手を考えられます。
そういった時には、「もしかしたらできるかも」と思っても、早いうちに相談することをお勧めします。
多分、トラブルというのは、「納期に間に合わなかった」ということで、いきなり仕事をキャンセルされたり報酬が支払われなかった、ということでしょうね。
もともと報酬を支払う気がなくて、「少しでも納期が遅くなった」という理由を付けて支払わない業者もありますが、たいていは、話し合いに応じてくれますから、そう心配しなくても大丈夫です。
もっとも、「納期に間に合わせる」のが大前提ではありますが・・・
で、「資格を取ったら仕事を回す」という約束で高い教材を買わされたのに、資格を取っても一向に仕事が来ない、というトラブルについても書いてありますが、これはもう「詐欺」とみなして良いでしょう。
しかも、100人中1,2人でも仕事を回してもらっていれば取り締まれない、という抜け道まで作っているという悪質な業者ですね。
こういった業者には、騙されないように注意したいものです。
とにかく「最初はコツコツと」ということを心がけていれば、道は拓けますから。