在宅ライターと電子書籍

アメリカで、ついに電子書籍の売上が紙の書籍を上回ったということです。
ものすごいスピードで普及しているということですね。
日本でも最近は、スマートフォンの普及により、自分の愛読書を電子書籍化して持ち歩く、という方も増えています。
在宅ライターの仕事でも、一冊の書籍を電子化するための入力作業、というものもあります。
まあ、これは、どちらかと言えば「データ入力」の分野になるのかな?
著作権の問題などもあるので、誰でも好きな本を電子書籍化する、というのは難しいのかもしれないですが、日本でも今後は電子書籍の時代が来るのでしょうね。
私自身本を読むのは大好きで、家にはかなりの書籍がありますから、一部でも電子化できれば良いかな、とも思います。
ただ、紙の本の手触りや、インクの匂いも好きなんですよね。
絵本の収集もしているので、そういったものは、電子書籍化してもなー、とか思ってしまうのですが・・・
それでなくても、出版業界や書店は苦戦を強いられている今、電子書籍の存在は、あまりありがたくないところもありますね。
「本が無くなる日」なんて来るのかと思うと、やっぱりゾッとしてしまいます。

スポンサードリンク



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP