在宅ワークと計画停電について思うこと

在宅ワーカー、特にパソコンを使った仕事をしている私にとって、計画停電はかなり困るものでした。
だから、喜ぶべきことなのでしょうが・・・
なんとなくすっきりしませんね。
だって、最初は「被災地に電気を送るため」ということで、「計画停電くらいは我慢しましょう」と意気込んでいたのに。
まあ、個人の家庭だけでなく、工場やオフィス、病院にまで停電が及んでしまうと、国民生活自体が成り立たなくなりますから、結局は打ち切りで良かったのかもしれませんが・・・
計画停電が始まった頃には、また気温も低かったということもあるのでしょうかね。
うーーん、なんだか解せないことばかり・・・
そんなことをつらつら考えている暇があったら、仕事をした方がいいのですが・・・・
計画停電が中止になっても、節電の必要性はこれから益々大きくなってきて、「在宅勤務」を推奨する会社も増えてきていますよね。
と同時に、「在宅ワーカー」を新たに雇う会社も増えてきています。
私が登録している、在宅ワークマッチングサイトでも、求人が目に見えて増えてきているように思います。
ということは、「在宅で働きたい方」は今がチャンスなのかもしれませんね。


PAGE TOP