在宅仕事の可能性

主婦にとって、特に小さいお子様やお年寄りの介護などされている方にとっては、「在宅勤務」というのはとてもありがたいシステムですよね。
今までもそうでしたが、震災後、余計にその必要性が叫ばれています。
こちらは、今働いている職場での仕事を、在宅でもできるようにするシステムの話ですね。
「NTT在宅勤務支援、導入希望急増…夏の停電で」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000379-yom-bus_all
計画停電も、今は春で気温が安定していますから、実施されない日が続いていますが、これから暑くなってくると、電力が足りなくなるのは目に見えています。
そうなると、計画停電で会社に来られなくなった社員が、少しでも在宅で働いてくれるなら、ということは会社でも考えますよね。
このシステムが上手く稼動すれば、「会社は辞めたくないけど、子どもを置いては働きに出られない」といった主婦の方にとっても、ありがたいことになるかもしれません。
私がご紹介しているのは、「今まで働いたことがなかった主婦の方でも、ネットで収入を得る方法」ですが、企業が「在宅勤務」に力を入れることで、「外注」として在宅ワークの仕事を発注する機会が増える、ということも考えられますね。
「すべてが良い方向に行く」というのは難しいかもしれませんが、今後は「働く」という形態も、もっとフレクシブルな形になってくると思います。
その時に、少しでも良い条件で仕事を引き受けられるように、少しづつでもスキルアップしたいものです。
または、「自分自身が外注仕事を発注する」なんていうことも可能ですね。