在宅ワークは甘くない?コーヒー片手に仕事は無理?

何度も書いていますが、在宅ワークというのは甘いモノではありません。

これは、自戒も込めて書いています。

自宅で空いた時間にできるということで、コーヒー片手に優雅にお仕事なんて図を想像されると思います。

まあ、私もそうでしたから。

全く嘘かと言えばそうではなく、ある程度仕事がこなせるようになったら、マイペースで仕事ができるようになるのも確かです。

だけど、コーヒーを飲みながらというのは私には無理。

その代わりに、「この仕事を終えたら、コーヒータイム」なんて自分で決めることはできますね。

社内での仕事を在宅ワーカーに出す際に企業が求めるもの。

それは「正確さとスピード」です。

あっ、仕事の質も求められますね。




仕事内容によっては、素人でも可のものがありますが、たいていは「即戦力」を求めているのです。

となると、在宅で仕事ができるということ以外は、プロとしての自覚を求められているということ。

だからって脅かすつもりはありません。

自分でできると思った仕事から引き受けて、どんどん実績を積み重ねればいいだけなのですから。

私だって、最初は「ファイルを圧縮して、メールに添付して納品してください」なんて言われて、まったくわからなくて、ググったくらいひどかったんです。

ZIPという言葉さえわからなかったですから、もう、仕事をする前に検索する量がすごかったです。

「検索するのだけは早くなった」なんて、自慢できないような技が身についたり。

まあ、「自慢できない」とは書きましたが、記事を書く前に、いろいろ調べ物をしなければならないので、本で調べる他ネットでも当然調べます。

そんな時には、この検索力は必要になるんですけどね。

ただ、最初は本当にひどくて「よくぞ、こんな私に仕事を回してくださった。」と思ったことも。

「画像の加工はできますか?」と聞かれて、一度もしたことが無いのに、見よう見まねでソフトを使って加工したこともあります。

画像に文字を入れるなんて、今じゃ子どもだってできるようなことさえ出来ませんでしたから、ひどいもんです。

それでも、仕事をこなしていく間に、少しづつでもプロとしての自覚らしきものが芽生えてくるんですよ。

その自覚さえあれば、「やっぱり自宅で仕事ができるのってサイコー」と思う時が来るでしょう。


PAGE TOP