在宅ライターになるには特別な勉強が必要?

在宅ライターになりたいのですが、何か特別な勉強が必要になりますか?」という質問をいただきました。

ライターと言っても専門的な知識を必要とする仕事と違って、私が受けているような仕事だと、特別な勉強は必要ないでしょう。

ただ、どんな仕事にしろ、1円でもお金をいただけば「プロ」ですから、プロとしての意識は持っていないといけません。

私も最初ライターの仕事を始めた時はそうだったのですが、在宅だと、仕事をしている環境が生活をそのまま引きずっていますから、なかなか「プロ」としての意識を持ち辛いんですね。

お仕事自体は、きちんとするとようには心がけていましたが、やっぱりどこかで「手を抜こう」とする自分が居たりします。

いけないことなんですけどね。

パソコン-在宅ライター

だから、お仕事自体を貴重な勉強の場、と思うようにしました。

お金をいただいて勉強させてもらっている」と思えば、自然と筆も進むというもの。

アバウトな注文しかいただけないような記事の仕事でも、きちんとこなしていけば、今度はもっとやりがいのある仕事を回してもらえます。

よくインプットとアウトプットと言いますが、やはり語彙を増やすという意味では、普段から「美しい文章」を読むことは大切ですね。

スポンサーリンク

 

文学やエッセイなど、分野を問わず本を読むのも良い訓練になると思います。

まあ、訓練というよりも「楽しみの延長」になれば、もっといいんですけど。

読書だけでなく、Web上の文章でも、「真似したいな」というような文章に出会ったらチェックしておいて、読み返すようにしています。

そのまま真似するのはNGですが、文章の書き方とか言い回しなど「良い」と思えるところは、どんどん真似したいですよね。

そこから新たに、自分のオリジナル文章が出来上がるというのが一番だと思います。

どなただったか忘れましたが、「最初は真似から入ってもOK。個性は、その後で育てれば良いのだから」という言葉を聞いたことがあります。

その通りだと思います。

「美しいな」「わかりやすいな」と思う文章を書き写してみるだけでも、語彙が増えたり、表現力がアップしたりすることってありますよね。

そんな「真似したいような文章」を、どんどんスクラップして、その良いところだけを真似するようにすれば、自ずと読みやすく言いたいことが伝わる文章になるのです。

くれぐれも、そのままコピペなんてしないでくださいよ。

そういうことではなく、あくまでも文体の流れを参考にするだけで、そこからオリジナルの文章を作るということですから。