在宅ライターの仕事も少なくなりました

ちょっとご無沙汰でした~
Webライターの仕事も、今年はかなりワガママな感じで好きなジャンルの記事だけを選んで書かせて頂いたりしています。
そんなことができるようになったのも、やはり今まで下手なりにも続けてきたからかな、と思いますね。
ライターとしての仕事量を少しづつ減らしながら、アフィリエイトにシフトして行ったので、最近ではほぼ「アフイリエイター」という感じなのですが・・・
最終的には「アフィリエイト一本」に出来れば良いのですが、「ライターとしてお仕事を頂く」ということが結構励みになったりするので、まだあと少しは頑張りますか、というところ。
お陰様で、アフィリエイトの収入が90%以上を占めるようになってきました。
アフィリエイトは、「作業をすればするほど稼げる」と言われていますが、今日頑張ったから明日成果が出る、というものではなく、数日後、いや数ヵ月後に出ることが多いので、長いスパンで考えないと、作業自体が嫌になってしまいます。
その代わり、「今日は全然作業できなかったのに、こんなに報酬が上がった」というようなこともあるんですよね。
いわゆる「ほったらかし収入」とも言えるもの。
これは、ある一定の期間に「種を撒いた」から得られるものなんですね。
逆にライターの仕事は、記事を書けばそれだけ収入は増えますが、書かないと増えませんから。(当たり前ですが・・・)
どちらが良いか、というのは、やはりその方の収入への考え方に拠るのだと思いますよ。
Webライターとして書く記事は、旅行関係、コスメ、アンチエイジング、リフォーム、介護、保険、就職、冠婚葬祭の心得、洋服ブランドについてなどなど・・・本当にいろいろなジャンルのテーマがあります。
知らないことの方が多かったけど、「知らないことを知る」というのは、意味がありますものね。
「広く浅く」の知識だけど、無いよりは良いかも。
そして、ライターとして書いてきたスキルは、必ずアフィリエイトでも生かせます。
その努力が花咲いた時に、報酬として目に見える形で自分の元にかえってくるんでしょうね。
【無料】パソコン超初心者がラクラク月に3万円を稼いでいる方法


PAGE TOP