高く売れる絵本-クリスマスの本は?

「絵本せどり」というタイトルで展開していますが、実際絵本はあまり高く売れる本がないのが悲しいところ。

特にヤフオクでは、「子どものために良い絵本を格安で」と探しているお母様方が多いので、どうしても値段が上がりません。

高く売れる絵本

ただ、皆さん「定番」の絵本を探されているので、意外と新品で現在売られている本が、競った結果新品の本よりも高くなってしまう、なんていうこともあるんですね。

それでも、定価以上になることはないですが・・・

だから、「これは稀少価値のある本ではないな」と思っても、ヤフオクの過去データを見て、「結構頻繁に売れている本」なら安く手に入った場合は、仕入れても良いと思います。

1冊で利益が出なくても、意外と「まとめ買い」してくれるケースもありますから。

その反対に、高くなる本は、とことん高く売られていますね。

アマゾンに多いのですが・・・

稀少価値のある本は、結構万単位の価格が付いています。

これは、「ほるぷクラシック」というシリーズものの一冊なのですが、他の本も結構高くなっていますね。

「すぐに売れるか?」と言われれば、疑問は残るのですが、時間をかけてじっくり売るつもりで居れば、というところでしょうか。

ほるぷ出版の絵本は、現在出版されている本も人気があるのですが、在庫がだぶついていたりすると、アマゾンで1円なんていう場合もありますので、注意が必要です。

まあ、ヤフオクではそこそこ高く売れる可能性はありますが・・・

「ほるぷクラシック」以外には「ほるぷ海外秀作絵本」シリーズも人気があります。

スポンサーリンク

では、今の季節に売れるであろうクリスマス絵本はどうでしょうか?

確かによく売れます。

「ぐりとぐらのおきゃくさま」

「まどからおくりもの」

「サンタクロースってほんとにいるの?」

「リサとガスパールのクリスマス」

「クリスマスイブ」

「クリスマスプレゼントン」

「マドレーヌのクリスマス」

「コーギビルのいちばん楽しい日」

「くんちゃんとふゆのパーティー」

などなと。クリスマス関連の絵本って本当にたくさんあるのですが、この時期はどれも出品したそばから売れていきます。

高く売れる?」ということですが、ある程度きれいな状態の本なら他の時期よりも高く売れますが、やはり絶版になっているものとか希少価値のある本でないと、数千円という数字にはならないですね。

あと、毎年この時期になると結構高く売れるのが、ロバート・サブダの飛び出す絵本シリーズです。

特に「恐竜時代」は、新刊の在庫が一時的に無くなることがあるので、そういった場合は、定価以上で取引されることも。

テレビなどで紹介された時には、在庫切れが続いたみたいですね。

絵本のプレゼントは、こどもだけでなく、若い女性にも人気があるので、この時期は狙い目と言えるでしょう。


PAGE TOP