介護をしながら家でできる仕事は?

私が在宅仕事を選んだ理由の一つが、義母の介護をしていたから、ということです。

その前は、子育てをしながら家でできる仕事を探していましたね。

やはり、主婦で家を離れられない状況って結構あるんですよ。

それでも、子どもが小さくても、バリバリ外で働いて保育園の送り迎えを頑張ってされている方もいらっしゃいますし、ケースバイケースなんですけどね。

保育園-在宅ライターの日常

私の場合は、中途半端な田舎に住んでいたので、周りは二世帯で住んでいるお宅が多く、親に子どもをみてもらいながら働くケースが多かったんです。

だからか、保育園も極端に少なくて・・・

ということで、自宅で英語を教える仕事を選びました。

それはそれでやり甲斐があったのですが、家でできるとは言え、結構時間は縛られますから、もっと自分の時間配分でできる仕事がしたかったんですよね。

そうこうしているうちに、一緒に暮らしていた義母が骨折して、そのまま車いす生活に。

当然身の回りのこととかも出来なくなり、軽い痴呆も入ってしまったので、介護生活が始まりました。

子どもが小さかったので、最初は家事と介護で手一杯でしたけど、やっぱり何かして働きたいんですよ。

スポンサーリンク

経済的なこともあるけど、やはりアイデンティティというか、社会との繋がりを持ち続けたいというか。

それで見つけたのが、在宅ライターという仕事だったんです。

まあ、その合間にせどりをしたり、アフィリエイトは現在も続いていますが。

基本は、Webライターということ。

これは、文章を書くということで仕事が完結する、というのが一番のメリットです。

もともと、翻訳の仕事をしていたこともあり、文章を書くのは慣れていましたから。

それに、パソコンで文字を入力することも、昔からしていたので、自分でいうのもなんですが、入力は早いほうだし。

とは言え、仕事として始めたら、いろいろと悩むことも多いわけです。

一番悩むのは、「どうやって書いたら、読みやすく、自分の言いたいことが伝えられるか?」また、「読んでいて飽きない文章は?」とかね。

クライアントさんから仕事を受ける場合は、そちらの要望を受け入れながらも、自分らしい文章を書かなくてはなりません。

それでも、割とのんびりしていて、一度にいくつものことができる程器用じゃないのに、介護や育児をしながらでも、長く続けられたのは、自分に合っているからなのかな?

これから始めようと思っている方、こんな私でもできるのですから、大丈夫ですよ。

スポンサードリンク



Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PAGE TOP