在宅ワークは時間との闘い

在宅ワークという言葉よりも、在宅仕事と言う方が好きなのですが・・・
それは、多分「在宅ワーク」という名前で、主婦や家で仕事をしたい方を対象にした悪徳商法がいまだにはびこっているからなんでしょうね。

少し前までは「在宅ワークの資料を請求したら、電話がかかってきて”仕事をもらうには設備投資として○○万円必要と言われた”」なんていうことが日常茶飯事でしたよね。

悪徳商法-在宅ライターの日常

今は鳴りを潜めている感がありますが、どうなんでしょう?
ただ、助かるのは、ネットで調べられる環境にあれば、ちょっと怪しいなと思ったら「会社名+評判」とか「会社名+掲示板」とかで調べると、何か問題があれば出てくるところです。

たいていは、残念ながら「引っかかった人」が居て、他の人にも注意を促してしたり、「どうしたらいいでしょうか?」という相談が載っていたりしますから。

あっ、今日は悪徳商法の話題じゃなくて、在宅ワークの時間効率を考えるということでしたね。
ブログの記事でもお分かりのように、私って、何かひとつのことに集中している時に限って、他のことが気になったりするタイプなんです。

お仕事ですから、一生懸命取り組んでいるのですが、「急ぎの仕事」が入って、その仕事を「さあ、はじめよう!」と思いながら、ニュース記事を読んでしまうとか。

ネットって誘惑が多いですから。
しかも家での仕事となると、家事と仕事の時間配分が難しくなるんですね。
これが、外での仕事だと、「家に帰ってきたら家事をする」という具合に気持の切り替えがしやすいのですが・・・

そこで考えたのが、時間割。
そう。子どもが夏休みとかに立てていた時間割です。
うちの子供たちは「自由時間」と「遊び」がやけに多かったのですが・・・

スポンサーリンク

この時間割は、なるべく細かく書きます。
例え10分のスキマ時間も無駄にしないように、何かしら予定を入れます。

あっ、すべて「仕事」とか「家事」の予定にすることはないですよ。
「お菓子を食べる」とか「テレビを観る」とか自分にとっても「飴」の部分もしっかり入れないと。
でも、なるべく短い時間にしてくださいね。

そして、「仕事」や「家事」も「記事を書く」「サイトを作る」「ブログを開設する」「換気扇の掃除」「お風呂掃除」となるべく細かく書くようにします。

だけど、主婦にとって「突発的な出来事」というのは毎日起こりますから、時間割通りにならなくてもイライラしないというのも前もって自分に言い聞かせておきましょう。

「できなきゃできないで仕方がない」という気持でいれば、そんなにイライラしないですよね。
それでも、1日の時間配分が決まっているだけでも、動きやすくなるのでおすすめです。


PAGE TOP