ネットショップの商品登録の仕事ってどうすればいいの?

在宅ワークのマッチングサイトに時々求人として掲載されるのが、「ネットショップの商品登録の仕事」です。

これ、経験あります。 難しそうと思われるでしょうが、ベースとなるスキルは「コピー&ペースト」いわゆる「コピペ」ができれば大丈夫です。

確かに、インターネット初心者の方には多少難しいかもしれませんが・・・

ただ、仕事の種類にもよりますが、私が請け負っていた仕事は、あるオークションサイトから、商品情報を探して、コピー。

在宅でパソコン作業をする女性

それを、新しいネットショップの管理画面に移すという仕事でした。

バナーの大きさを変えたり、縦横のバランスを考えながらサイズを少し調整したりということはありましたが、文章を考えることもなく、割合楽でしたね。

その上、画像処理の方法が覚えられるので、もし「やってみたいな」と思われるのでしたら、一度チャレンジされては?

文章を書くことは嫌いじゃないので、ライターの仕事は気に入っているのですが、毎日記事を書くだけというのは、結構疲れることもあるんですよね。

 

スポンサーリンク

 

文章が浮かんでくる日もあれば、あまり書けない日もありますから。

だから、こういったデータ入力と画像処理関係の仕事を時々入れた方が、仕事にメリハリがついていいと思います。

他にもホームページ制作の仕事も請け負っているので、画像処理は、そちらの仕事にも役立ちます。

最初は、「画像のサイズを変えて、この枠にぴったりはまるようにしてください」という注文にもすぐに答えられなくて、右往左往してしまいましたが・・・

そのうち、「どの位置に画像を入れれば見栄えがいいか?」とか「色合いはどんな感じのものが合う?」なんていうことまで考えられるようになりました。

そして、そんなことを考えている時間が、仕事と言えども楽しいんですよ。

もちろん、悩むこともたくさんありますが、その結果何かが得られると思えば、それもまた楽しいですから。

結局は、「何か新しいことを覚えれば、次の仕事にも幅が出る」ということですね。

ランサーズのようなライターなどクラウドソーシングサイトでも、「記事書き」の他「ホームページも作れます」というアピールもできますから。

自分でアフィリエイトサイトを作る時にも、もちろん役に立ちます。

まあ、最初からあれもこれも手を出すのはお勧めできませんが、「何事もチャレンジ」という考え方を持つことも大切だと思いますよ。